SOSIAとは

SOSIA(ソシア)は、亜細亜大学ボランティアセンターの卒業生有志によって、2002年7月に設立されました。その後、活動の輪は大学の枠を超えて広がり、現在は日本とミャンマーにいる社会人ボランティアを中心に、さまざまな活動を続けています。

 

なぜミャンマーなの?

 

きっかけは、設立メンバーが訪れたミャンマーの小さな農村でした。「先生になりたい。お医者さんになりたい。」嬉しそうに夢を語る子どもたちは、少ない文房具や使い回されてボロボロになった教科書を手に、目を輝かせて一生懸命、勉強に取り組んでいました。

その一方で、半数以上の子どもたちが経済的事情から中学へ進学できず夢を諦めている現実も知ることとなります。

「困難に負けず、将来の夢を叶えてほしい。」そんなミャンマーの大人たちの願いを一緒に叶えたい。その想いから、SOSIAは誕生しました。

 

SOSIAはSeeds Of Self-development In Asiaの 頭文字から名づけました。Seeds は「種(たね)」Self-development は「自立」という意味。

はじまりは小さな種でも 広がる人の輪が やがてたくさんの花を咲かせる。

そんな想いを込めて、教育協力という名の種まきを続けています。

 

どんな活動をしているの?

 

*孤児院の子どもたちの自立支援

教育費を支援すると同時に、孤児院の先生と子どもたちが田畑で作物を収穫できるよう、土地と農業資機材を支援しています。収穫は子どもたちの食事となり、一部は作物販売により孤児院の収入を補っています。現段階ではどうしても自力でできない部分だけに絞って支援を行うことで、将来SOSIAの支援がなくてもしっかりと発展していける土台づくりをすることが当面の目標です。

 

*子どもたちとの交流

 SOSIAでは支援したお金や畑などが有効に役立っているか、定期的に視察を行っています。その際、孤児院を訪問して一緒に遊んだり、お互いの文化を紹介したり、支援者と子どもたちが直接ふれあう場を作っています。

 

*日本とミャンマーの架け橋

 支援するだけでなく、ミャンマーの良さを学び、日本もよりよく成長することが目標です。SOSIAでは地域の国際交流イベントに出展したり、日本の学校で出前授業を行ったりして、ミャンマーの美しい伝統文化や、素晴らしい助け合いの精神を伝えています。

 

◆学校訪問・講演実績

東京都武蔵野市立大野田小学校・東京都武蔵野市立境南小学校・東京都武蔵野市立第三中学校・埼玉県飯能市立飯能第二小学校・JYVA青少年ボランティアリーダーズフォーラム・成蹊大学「はじめてのボランティア講座」、亜細亜大学「ボランティア論」「インターナショナルフォーラム」ほか

 

これまでの歩み

 

2002年7月 設立

2002年~ 国内の小中学校での出張授業

2003年11月 第10回シャルレ女性奨励賞を受賞

2008年 サイクロン災害への緊急支援

2002年~2010年 中部乾燥地帯クドウ村の教育支援

2012年 設立10周年

2005年~現在 ヤンゴン郊外の孤児院の教育支援

 

 

■役員・スタッフ

 
 ◎ 役員

【代表理事】甲野綾子(団体職員)

【副代表理事】大須真希(団体職員)
【理事】木村清一(桐蔭横浜大学 客員教授)

    栗田充治(亜細亜大学 国際関係学部教授)

    仁平貴子(公務員)

    平槙明人(亜細亜学園 職員)
【監事】中濱大輔(会社員)

 ◎ 事務局スタッフ

【日本事務局】甲野綾子(無給・非専従スタッフ/団体職員)

       大須真希(無給・非専従スタッフ/団体職員)

       大川真央(無給・非専従スタッフ/病院職員) 
【ミャンマー事務局】 大河内義貴(無給・非専従スタッフ/ホテル従業員)

2016年

6月

26日

【お知らせ】こどもたちが描いた絵を展示します

7/16(土)~7/31(日)、大江戸線牛込神楽坂駅の箪笥町地域センター1階展示スペースに、支援先のミャンマーのこどもたちの絵を展示します。ぜひご来場ください!
→地図 http://www2.odn.ne.jp/~hak34780/access.html

0 コメント

2016年

6月

26日

【報告】ミャンマーカレーをつくりました

ミャンマーカレーをつくって食べるイベントを実施しました。後半は、こども食堂のみなさんも参加され、にぎやかな会となりました。

 

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

26日

【お知らせ】8/24ミャンマーカレーをつくってみよう

ソシアで人気のイベント、ミャンマー料理会!
今回のメニューはこちらの3つです。
・チャッターヒン(とり肉のカレー)
・ペニレヒンチョ(赤レンズ豆とはるさめのスープ)
・ラペットウ(お茶の葉のサラダ)
・ココナッツライス

ミャンマーを代表する料理といえばカレー。日本でなじみのあるカレーとは違う、スパイシーながらもまろやかでコクのある味にやみつきになります。お茶の葉サラダは、ミャンマーで日常的に食べられている、お茶の葉の漬物と野菜をあえた、ごくミャンマーらしい食べ物。スープはカレーとよく合うあっさりとした、豆のうまみを味わえる一品です。

ミャンマー人のモモさんに作り方を教わってみんなで楽しく味わいましょう。

料理を食べながら、ソシアが支援するミャンマーの孤児院の子どもたちの最近の様子もご報告する予定です。

≪SOSIAサロン~ミャンマーカレーをつくってみよう~≫
日 時:8月24日(日)10:30~14:30
会 場:牛込箪笥地域センター 4階調理室トマト
    http://www2.odn.ne.jp/~hak34780/access.html
    都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅 A1出口 徒歩0分
   営団地下鉄東西線   神楽坂駅   2番出口 徒歩10分
参加費:2,000円(ソシア会員1,000円)
持ち物:エプロン、三角巾、布巾
申込:8月22日(金)までにsosia_ngo@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

3 コメント